遺品整理 掲載

遺品整理業者の選び方:もし私が業者に依頼するならこうする。

遺品整理士が、自分の家族の遺品整理を行わないといけないとき、どのように業者を選んで、依頼するのか。どんなポイントで判断するのかをご紹介します。
ドアが並んだ画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • Pocket

本当に良いサービスを提供している従業員であれば、その企業のサービスを購入しているのは当然ではないでしょうか。

サービスに自信のある業者であれば、自分自身のケースでも、遺品整理を自社で行おうと考えるはずです。

例えば、自分の作るラーメンは口にしたくないと考えている店長のラーメン屋で、あなたは食事したくないはずです。

今回は、横浜ベスト遺品整理社のスタッフである私の知見から、もしも自分の家族の遺品整理を他の業者に、お客様皆さんと同じ条件で選ぶとしたら、どうやって見つけ出すのか、をご紹介します。

※この記事は、遺品整理業者を比較検討する際に、重要だと筆者が感じる点を中立的に考慮した記事です。またお客様の課題によって「最適な業者」の定義は変わります。そのため、この記事では「あなたにとって最適な業者」は、お客様にとって後悔のない遺品整理作業ができた(できると感じる)業者と定義します。

遺品整理の業者を見分けるポイント

まず、最初に結論として、どのようなポイントで見分けるべきなのかをご紹介します。

ポイントだけを押さえて全体をざっと把握されたい方は「あなたに合った遺品整理業社を選ぶためのポイント」をご覧ください。

  • 問するお客様のことを考えたホームページやチラシ・資料になっているかどうか
    • ホームページ等で過不足なく情報が掲載されているか
    • 代表の顔写真が掲載されていたり、担当スタッフがきちんと顔写真で確認できるか
    • 所在地が明確に記されているかどうか
    • 最低金額(3万円〜)だけではなく上限金額や、オプションの目安金額が正しく掲載されているか
  • 見積書の内容が明確になっていて、当日の予算変動がないことなどについての説明があること
    • 概算見積もりだけではなく、正確な見積もりを出してくれるかどうか
    • 見積書に「遺品整理作業一式」などというような表記ではなく、細かく丁寧に書かれていること
    • 料金が一般の方にもわかりやすく書かれていること
    • 追加費用がかかるかどうかについて、業者側から事前に説明があること
  • 契約書や作業完了書の有無など、書面でのやり取りが可能かどうか
  • 電話・メールの対応
  • 見積もりスタッフの対応(何度同じことを聞いても親切に答えてくれる・難しい言葉を使わない)
  • 制服をきちんと着用しているか。またユニフォームが存在するか。

昨今はインターネット上で情報を検索してから、業者を見分ける場合も多いのではないでしょうか。

ここで注意したいのがクチコミについてです。

クチコミは色々なところに掲載されているものを参照しよう。

クチコミは、良い業者を判断する上で重要な指標の一つとなります。

しかしながら、本当に正確なクチコミが投稿されているのかどうかを私たちが確認する術は意外と少ないものです。

そこで、クチコミの情報源は、次の2つのポイントを重視すると良いでしょう。

  • 1つのサービスのクチコミだけではなく、様々なサービスのクチコミを参考にする
    検索結果+一括見積もりサイトやソーシャルメディアなどのように2〜3種類の情報源を見る
  • 良いクチコミや悪いクチコミを総合的に判断する
    返信文が投稿されている場合には、その対応をよく確認する

投稿時期だけではなく、自分と近しい価値基準の方の投稿があるとベストです。

手間を惜しむことなく、確認を行うことで、他者が評価したサービスの良いところや、良くなかったと判断されるポイントを見極めることができるでしょう。

以下、遺品整理業者を選ぶためのより細かなポイントをお伝えして参ります。

遺品整理業者を選ぶ経験が初めてだからこそ注意したいポイント。

遺品整理をご依頼いただくほとんどの方が、遺品整理を業者に対して「仕事」として依頼し、また業者に依頼する前に「サービス」として比較するということが人生で初めての経験になるのではないでしょうか。

遺品整理を行う上での大前提として、ご依頼主である、あなたの疑問や質問に対して、理解できるまで、納得できるまで丁寧に答えてくれる業者を選ぶことが最も重要なポイントとなることでしょう。

私たち横浜ベスト遺品整理社には、ご依頼いただく前の段階から、作業後のアフターケアについても様々なお問い合わせをいただいております。

こうしたお客様から寄せられるポイントから当社のブログ記事にて、失敗して後悔することのないように、あなたに最も適した遺品整理業者をご自身の力で簡単に見つけ出すポイントをご紹介しています。

遺品整理の業者選びが重要な理由

「遺品整理」とはお部屋のお片づけです。👉遺品整理とは何か?

1980年代ごろまでは、家族や親戚などが協力して遺品整理を行ったりすることが通例となってきました。

しかしながら、生活環境が変化し、核家族化などより豊かな生活を志向する昨今では、モノに対しての対価を支払うだけではなく、サービスに対しての対価を支払うのが当たり前になってきました。

この文脈で、核家族化や高齢化により、家族や関係者だけではお部屋の片付けが難しくなってきたというニーズが生まれ、遺品整理というサービスが発展し、今に至っています。

遺品整理士という職業については「遺品整理士とは」をご覧ください。

遺品整理の本質がお部屋の片付けであるため、多くのスタッフが作業にあたり、約束された時間内に作業を完了させるという流れになります。

例えば、引越しと同じように、事前にご自宅に見積もりに伺い、お部屋のものを外に搬出するなど、依頼したとはいえ、多くの見ず知らずのスタッフがお客様の敷地やお部屋に訪問することになります。

信頼できる業者を選ぶことは、安全なお部屋の片付けを行う上で必要不可欠なのです。

そこで、今回の記事をご覧になり、より納得できる業者をあなたに見つけていただきたいという思いがございます。

また、昨今の事情でどうしても対面での見積もりや立会いを避けたいとお考えの方もいらっしゃることでしょう。

そのような方には、お立会いなしでお見積もりや作業が完了し、リモートで動画や写真をお届けするサービスを提供している遺品整理業者が増えています。

当社の取り組みについては、「新型コロナウイルス感染症に対する私たちの対応について」をご覧ください。

良い遺品整理業者を選ぶために、相見積もりを利用して、比較検討を行う。

昨今では、遺品整理においても、引越しと同じように一括見積もりサービスの利用で、遺品整理サービスを比較検討できるサービスが増加しています。

最近は随分と少なくなりましたが、やはり不動産管理会社や、葬儀・病院関係の担当者から「私たちの指定業者をご紹介いたします」というような勧めを受け、半ば思考停止状態で言われるがままに遺品整理作業を代行する業者を決めてしまうということもあるようです。

確かに、信頼できる不動産管理会社や葬儀業者の担当者が紹介していただけるのですから、安心できる側面はあります。

しかしながら、あなたの部屋を片付けるのは、信頼できる担当者その人ではないケースが大半なのではないでしょうか。

別の業者が作業を担当する以上は、あなた自身の目で、信頼できる業者かどうかを吟味する必要があります。

ポイントは、相見積もりを行うことです。

こちらについては、以下の記事で詳しくお伝えしています。

遺品整理業者の見積もりで失敗しない方法

遺品整理業者を選んだらやっておきたいこと

遺品整理業者を選んだら、やっておきたいことは、残しておくリストの作成です。

見積もりの際に「この家具は処分したい」などというように、簡単な打ち合わせを済ませられた方や、探しておいてほしいものを業者にお伝えになられたのではないでしょうか。

しかしながら、実際の作業前に「残しておくリスト」を作成することが必要不可欠です。

詳しくは、「実はこんなに。遺品整理で残しておくものリスト一覧」にてご紹介しております。

遺品整理業者の選び方(まとめ)

ここまで、遺品整理業者である筆者が、身内の遺品整理を他の業者にみなさんと同じ条件で選ぶとしたら、という仮定の上でポイントをまとめました。

重要なのは、ご自身の課題を見える形にしておくことと、判断材料を揃えることで、身近でサポートしてくれる業者を探すことです。

まず、ご自身やご家族の抱える課題を見える形にしておくには、先に挙げたリストのように、ただ漠然と「家を片付けたい」というところから、どのように片付けていくのか、そして片付けの先にどのようなことを行っていきたいのかを掘り下げていきましょう。

こうすることで、遺品整理業者に依頼するときに、あなたが重視しているポイントが浮かび上がります。

さらに、あなたが重視しているポイントを見積もりに来た遺品整理業者に訪ねることによって、回答を得ることができます。

また、疑問や質問に対して、納得のできる回答を得られるのかどうかを判断することもできるのです。

得られた回答を並べたり、比較することで、求めているものに一番近い業者を選ぶことができるようになります。

そして、判断材料として、これらの情報を元に、見積書や、電話応対、見積もりスタッフの対応などのポイントを総合的に判断して決定するのが良いでしょう。

日本語は文脈に依存して、意味が変わってしまう言葉です。そのため、会話の節々では「誰が」「何を」「どのようにするのか」といったやりとりを行うことで、トラブルを回避することも可能になります。

この記事が、遺品整理業者を選ぶ方の一助となれば幸いです。

最後までお読みくださいましてありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • Pocket

この記事のカテゴリ

遺品整理

この記事のタグ