遺品整理 掲載

遺品整理は業者によって異なる? 料金比較のポイント

また、公開後この記事は に更新されています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • Pocket

遺品整理は追加請求もあるので、安さだけで決めるのは危ない

遺品整理を業者に依頼するときに、最も気になるのは、やはり料金。
各業者のホームページにも料金は記載されています。例えばワンルームなら30000円など間取りによって価格が示されていますので、それに従って予算を考えれば大丈夫と思いがちになります。

でもその料金は「目安の料金」の場合が多く、実際とは違うことがあります。

例えば、引っ越し屋さんもホームページに料金を掲載しています。
しかし、実際には現地でしっかり部屋の様子などを見て、見積もりを行います。

同じ2DKでも、家具や生活用品の物量、また搬出状況などによってトラックの大きさや台数、スタッフの人員数も変わってくるため、それに伴って料金も変わります。
引っ越し屋さんは、そのことをよく知っているので、現地での見積もりをしっかりと行う訳です。

遺品整理も、似たようなところがあります。ホームページの料金が安いからと言って現地に業者を呼ばずに即決するのは、いい方法ではありません。

もし業者が「大丈夫」と言っても「遺品整理が完了する」という意味の場合もあります。料金のことには触れていなければ、追加料金が発生するかもしれません。現地での見積もりの後、追加料金が発生しないか、必ず確認することが必要です。

料金の安さだけで決めると、当然と思っていたことが行われなかったり、様々なオプション料金に悩まされたりすることになるかもしれません。

まず比較すべきは料金の違いよりもサービスの細かな違い

ホームページに目安となる料金は掲載されていますが、納得できる遺品整理になるかどうかは、様々なサービスが大きく関わってきます。

例えば、形見分けの品を選別するのを手伝ってもらえるのでしょうか。
形見分けは通常故人が愛用されていた品や、身につけていたものなどを用います。
釣り竿や裁縫箱、時計など多岐にわたるでしょう。
そうした要望を聞いてくれる業者でしょうか?
形見分けしたい人数分以上の品数を、キチンと探し出して、残してもらえるでしょうか?

全てを片付けなければならないのに、庭にあるものは片付けられない、物置は別、消火器は持っていけない、というケースもあります。

現地での見積もりの時に、全てを確認しましょう。
とはいえ、初めての場合は気付かないことも多いはず。
その点は、経験を積んだ信頼ある遺品整理士なら、本人が気付かないことも現地で確認するはずです。遺品整理士はご要望の最終状態を頭に描きながら依頼人と話を進めて、滞りなく事が運ぶように段取りを考え、見積もりを行います。

見積もりは料金だけではありません。
形見分けや整理分別、搬出や運搬、またその段取りや料金も含めたものが見積もりです。
経験を積んだ遺品整理士なら、こうした事も含んで見積もります。
よほどのことがない限り、見積もり料金が変わることはないでしょう。

目の届かない所まで気を配ることを、遺品整理士は心がけているのです。

最終的には信頼できる業者に依頼するのが料金以上に納得度が高い

例えば「遺品整理業者の料金比較サイト」などで料金を調べて依頼すれば、全て納得のいく遺品整理ができるかというと、そうとは限りません。

インターネットで調べるときには「遺品整理 料金 安い」というワードで調べるだけでは、おそらく不十分でしょう。
「遺品整理 地域」など様々なワードで調べてみると、地域密着型で信頼できる業者などが分かるかもしれません。地域というのは遺品整理を行う場所の市区町村です。

地元ならではの事情にも精通しており、また近さという点もメリットになります。
もし物量が多くてトラックに積みきれなくても、予備のトラックをすぐに手配したり、予備人員の手配なども融通が利くかもしれません。

遺品整理を依頼するときに、もう一つ確認しておきたいことがあります。
見積もりに来た担当者が、作業当日も現地で作業の指揮をとれるかというポイントです。

担当者が当日に不在だと、見積もりの時に言った言わないの問題が発生することがあります。また、スタッフ間で申し送りが不十分な場合もあります。

人間同士ですので、忘れることや言ったつもり、という場合もよくあることです。
担当者が現地にいれば、そのような問題もその場で解決に至ります。

人と人との交渉事です。
その業者が信頼できるかは、インターネットでは残念ながら、全ては分かりません。
故人とあなたをつなぐ、大切な遺品の整理です。
ぜひ話をして、信頼の感触を確かめてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • Pocket

この記事のカテゴリ

遺品整理

この記事のタグ