遺品整理 掲載

遺品整理の「業者選びが上手い人」がみている意外な基準とポイント

遺品整理を業者に依頼する場合、私たち業者から見て比較検討のとても上手なお客様がいらっしゃいます。業者選びが上手い方はどのようなポイントで判断をしているのかご紹介いたします。
作業前後の写真
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • Pocket

お片付けを業者に依頼しようと検討中の方にとって、料金や業者選びには、さまざまな懸念があるのではないでしょうか。

これまでにも私たちのブログを通して価格についてご紹介して参りました。

数ある記事の中でも閲覧数が高く、関心が集まるのは価格と業者の選び方についてです。

普段からお客様と接していると、自分の要求をカタチにするため、ご自身の基準をしっかりとお持ちなって業者を選んでいる方と出逢います。

こうした方々に共通するポイントをまとめてご紹介いたします。

「料金表」を参考にしない。

業者選びに長けた方は「料金表」の捉え方がちがいます。料金表を参考にされていない方がとても多い印象なのです。

確かに、料金表が参考にならないことは私たちも自認しております。

実はホームページなどでよく紹介されているような「料金表」の値段で作業が行われることの方が稀だったりします。

なぜなら、お客様のご状況は千差万別であり、一概に金額を決めることはとても難しいからです(予算の決まり方は後述します)

もちろん値段がすべてではなく、あなたの意思を作業に反映させる考えを持っている業者に依頼すべきですが、業法などもなく「定価」が存在しないからこそ、悪徳業者が後を絶たない理由のひとつとなっています。

予算の範囲内で費用対効果が高い整理を行うためには、料金表は目安でしかなく、実はまったく参考にならないケースもあります。

「ワンルーム3万円」はただの目安でしかない。

料金表は、遺品整理や生前整理、空き家整理などといったように「一般化」されたサービスを、ご自身の状況に照らし合わせて見通しを立てるための参考でしかありません。すなわち「目安価格」なのです。

事実、インターネット検索で見つかる業者のウェブサイトなどには価格や、平均価格の一覧が存在する場合も多いかと思います。

しかしながら、この価格は最低価格を基準に表記されていることが多いはずです。

たとえば、ワンルームの整理作業で30,000円〜と表記されていたとしましょう。

もちろん30,000円で作業が可能な場合もありますが、これら費用は、あくまでも目安であり、通常は上記でご紹介した物量や人件費、搬出経路などによって30,000円を大幅に超える金額となる場合も少なくありません。

基本料金などを「目安」として表示していることが、費用をよりわかりづらくしてしまっているポイントだとも言えるでしょう。

実家や自宅の整理に必要な費用は、どのようにして決まるのか。

では、遺品整理などの料金はどのように決まるのでしょうか。

以前、遺品整理の料金の仕組みでもご紹介しましたが、お片づけの費用の内訳は主に以下のポイントで決まります。

  • 残されているモノの量(物量)
    間取りだけではなく、同じ間取りの部屋であっても生活スタイルによって持ち物の量が変わってくる点にも注意が必要です。
  • 作業にあたるスタッフの数(人件費)
    時間内に作業を完了させるために、必要な人員は業者によって考え方が異なります。金額差のつくポイントの1つでもあるのです。
  • 搬出経路の距離や資材の用意などの必要性(搬出・養生)
    市営団地などでエレベーターがなく、階段での搬出だったり、トラックまでの搬出距離が長いといった距離の問題や、物件を保護するために資材が必要なケースでは別途請求するという業者もあるようです。
  • 基本料金以外に必要となる作業(オプション作業費用)
    業者が整理の際に必要と判断する場合に、消臭作業やご遺品の配送など別途料金が必要なケースもあります。私たちの場合、見積もり時点で判断し、お伝えしています。

以上を総合的に判断することで、費用が決まっていきます。

以前は、見積もり時と請求時で明らかに料金が異なるという悪徳業者についての情報が目立っていました。最近は少なくなっているようですが、私たちから見れば、見積もり時とご請求時の料金が高くなるケースは、100件に1件もないと言えます。

見積もり時に適切な料金判断が可能な業者かどうかも、ポイントのひとつと言えるでしょう。

インターネット上で提供されている遺品整理一括見積もりをご利用になる場合にも、必ず複数の業者による相見積もりなどをされることをオススメしています。

一番確実なのは相見積もり。だけど・・・

価格を判断するにあたって、一番確実なのは、現地への見積もりを複数の業者に依頼することです。

たとえば、昨今の状況からリモートでの相談が可能な業者も増加傾向で、私たちもお立ち会いなしでの作業やリモートでのご相談を承っております

しかしながら、まだ依頼するのかどうかもわからない状況で、現地に出向いて業者を待ったり、相談する手間を省きたいとお考えの方もいらっしゃるかと思います。

すべてをインターネット上の情報だけで完結させることは難しい場合が多いのですが、こうした悩みを解決する方法として、現実的なのが「実例を探す」ことだったりします。

自分が依頼しようとしている部屋を参考事例で比較する

ここまで、インターネット上で見つかる情報としての「費用」や「費用の目安」は、参考程度にとどめるべきだということをお伝えしました。

結局、料金や実態を把握するには「実例」を調べる方が良いと言えるでしょう。

その理由は、費用や目安よりも、ご自身の状況と照らし合わせて検討できるのが「実例」だからです。

業者などのウェブサイトには、多くの実例が掲載されています。

これらの実例の中から、ご自身の状況にもっとも近いものと照らし合わせることによって、目安の料金を参考にするよりも、現実に近い価格の見通しを立てることができるでしょう。

また、クチコミなども一定程度の参考にはなります。

しかし、残念なことに一部のクチコミやランキングといった趣旨の情報にも注意が必要です。

とくに、しっかりとした管理・運営会社が明記されていないランキングサイトやクチコミや、匿名での投稿は捏造が容易にできてしまうという問題点があることを忘れてはいけません。

近年では大手インターネット通販サイトでさえ、レビューが捏造されて問題になっているケースが話題になりました。

クチコミやランキングは、主観的であり、必ずしも、あなたご自身の場合に当てはまるとは限りません。

やはり、実際の実例に照らしながら、業者を選ぶ際のひとつの基準とするのが良いでしょう。

当社ではより詳細な実例をご紹介しています。

実例を参考にするときの見極めポイント

最後に、実際に実例を見るときのポイントについてご紹介します。

以下のようなポイントが参考になるでしょう。

  • 写真
  • 間取り
  • 作業時間
  • 作業人数
  • 価格(内訳がしっかりと書かれているとより参考になるでしょう)

間取りと写真

床面積にもよりますが、間取りは参考になるポイントのひとつです。

同じ2LDKのお部屋のお片づけの場合に、費用に大きな開きがあります。

実際に写真が掲載されている場合には、写真に写る物量が価格にどのように反映されているかなどを見てみると良いでしょう。

作業時間と作業人数

作業時間や作業人数も、費用に影響する部分です。

写真や間取りなどの情報と照らし合わせて、どのような人員でどのような価格となっているのか、検討している業者の相場を把握する上で役立ちます。

また、作業に必要となった時間がどの程度だったかによって、あなたご自身のケースに必要な時間にも大まかな検討ができるのではないでしょうか。

価格

最後に価格です。

間取りや作業時間、スタッフの人数から実際の料金を見てみましょう。

このとき、作業オプションが必要なケースだったのか、リサイクルや買取での値引きができたのかといった点での言及があるとより参考になるでしょう。

たとえば、紙などもリサイクルの対象として割引できることもあるからです。

まとめ

今回は、あなたご自身の整理を業者に依頼する場合の見通しを立てる場合に、実例で参考にしたいポイントをまとめてご紹介しました。

なお、当社でも作業事例のページをご用意しています。

私たちの作業事例のページは、間取りごとにお探しいただくことが可能ですので、当社にご依頼いただく場合でなくとも、上記の内容の確認の意味も含めてご参考ください。

実例を賢く利用しながら、ご自身の整理が後悔のない納得した整理となることを心から祈っております。

最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。