遺品整理 掲載

遺品整理の業者選びで口コミを賢く利用して後悔を防ごう

遺品整理業者をいざ決断するとき、何を決め手としたら良いのでしょうか。遺品整理業者を選ぶ際に重要なのがクチコミ、比較ポータルサイトや相見積もりです。利用する際のポイントをご紹介いたします。
お客様の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • Pocket

遺品整理を検討している場合には選び方でお困りの方は少なくないはずです。

探せば探すほど迷ってしまったりするのは、むしろ当然で、値段や感覚だけで決めてしまって良いのだろうか、と思われているのではないでしょうか。

横浜ベスト遺品整理社は、横浜や川崎といった神奈川、東京都エリアにて遺品整理をご依頼いただくことが多いのですが、当サイトをご覧になった全国の方からご質問をいただくことがございます。

価格や料金、特殊清掃についてなど内容は多岐にわたりますが、中でも比較的ご質問の内容として多いのが「多すぎて、業者の選び方がわからない」というものです。

そこで今回は、遺品整理業者を選ぶ際に参考となりそうな情報やその見方についてご紹介いたします。

とくに、現在遺品整理業者を探そうと思っていない方でも、有事の際の参考にぜひご覧ください。

なお、遺品整理業者の選び方については以下のような記事でご案内しております。

※今回の記事を遺品整理業者である私たちが書いておりますが、業者としての視点を極力除いて、自分の親族のために遺品整理をする場合にどのような情報を参考にするのか、というポイントからお知らせいたします。

業者選びには決め手となるものが必要なのかもしれません。

この記事をご覧になっていらっしゃる方は、比較サイトやクチコミなどの情報をよく探されていると思います。

見積もりを取る前に業者を選ぼうと思っても他にたくさんの業者が存在するため、決め手となるものが価格やスタッフの対応といった表面的なものになってしまって不安という方も少なくないでしょう。

こうした不安を払拭し、後悔のない遺品整理作業を実現させるためには、選ぶ基準となった決め手が必要なのかもしれません。

「値段が安かった」「対応が良かった」など決め手をしっかりとご自身で把握することは、家族に決めた根拠をしっかりと説明できますし、作業前、作業後の安心感に繋がります。

もちろん、はっきりとした決め手を無理矢理作る必要はありません。

しかし、決め手をしっかりと意識づけておくことは、「しっかりしている業者さんかな?」と見極める際にも気づきを得られるきっかけとなることでしょう。

判断基準としてうってつけの「口コミ」

結論として決め手とするなら自分に近い信頼できる人のクチコミは信用しても良いでしょう

あなたが信頼できる人に「しっかりと片付け作業をしてくれたし、探しておいて欲しいものもすべて見つかった」という感想や「誠意を持って非常に一生懸命やってくださいました」と聞かされたら、とても安心でき、その業者に依頼したくなるはずです。

知人やご親族、あるいは勤務先の方に遺品整理などを経験されて業者に依頼した経験がある方に「この会社は非常に優秀で誠実な会社だ」という評価があれば、まずはその企業に連絡してみることをオススメいたします。

筆者の私も、もっとも参考になるのはクチコミだと考えています。ちょっぴり古い考え方かもしれませんが。

口コミの探し方

とはいえ、自分の知人やご親族などが信頼できる業者を知っているのは稀でしょう。

こうしたケースでは、インターネットの比較サイトなどを利用することになるかもしれません。

ただし、インターネット上の情報は玉石混交であり、注意が必要です。

インターネットの比較サイトには星の数などサイト独自の評価基準で、数百の業者が並べられており、かえって迷ってしまうかもしれません。

とくに迷ってしまう原因になるのが「料金」についてではないでしょうか。

企業や比較サイトのページには3万円と書かれていても実際にはもっと必要なケースが多々あります。

ホームページに書かれているのは、整理するものも少なく搬出などにもあまり手間がかからない、もっとも安いケースの場合がほとんどだからです。実際の遺品整理は、故人の生活スタイルが一人ひとり違うため、案件によって変わってきます。

もう迷わない。遺品整理の相場と費用の目安を間取り別で知る。

クチコミも料金同様、一定の距離を置き、接し方に注意しなくてはなりません。

比較サイトの利用について

比較サイトの利用についても注意が必要です。

ランキング形式で紹介されているとあたかもそれらの内容がスクリーニングされ、選別されていることを期待してしまいますが、必ずしも選別されていない場合もあります。

インターネット上の口コミとの接し方とは

業者への評価は依頼主への対応やご近所への配慮、身だしなみや言葉遣いなどマナーに関すること、作業の丁寧さ、気づきにくいことへのアドバイスなど多岐にわたり、クチコミごとに大きな違いがあるのではないでしょうか。

インターネットのクチコミは経験した人それぞれの感覚や指標によって書かれているものです。

人それぞれ大切にするものの基準が異なりますから、同じ作業内容でも評価が大きく分かれるのは当たり前のことなのです。

そのため、親族や知人などあなたに近しい方以外のクチコミにはある程度バイアスがかかっていたり、自作自演も盛り込まれているかもしれない、といった姿勢でクチコミを鵜呑みにしないことが重要です。

口コミに「いいこと」が書かれることが多いカラクリ

クチコミには、いいことを伝える方が自分も気持ちがいい、という心理からか「いいこと」が書かれることも多いようです。

悪いことを伝えると、書き込みを行った自分も悪く思われてしまうかも、という心配もあり、控えめな表現となってしまうのはよく理解できます。

良いクチコミが多いのはこうした心理的なものだけではなく、クチコミの中には明らかに根拠のない自作自演の書き込みが存在することもあるので注意が必要です。

たとえば、広告へのクリックで報酬が発生する仕組みである「アフィリエイト」などを利用しているサイトでは、1クリックあたりの報酬が高い業者をランキング形式で紹介しているというような悪質なものも見られます。意図的に読者の注目を集めるために作られているものである可能性もあることから注意が必要です。

なお当社では設立依頼アフィリエイト型広告を利用したことはございませんし、今後も利用する予定はありません。

悪い口コミの見方

悪いクチコミも内容によって信憑性が変わります。

たとえばクチコミに「ホームページに書かれている料金の2倍以上になった」と書かれていて「それは許せない」と鵜呑みにしてしまうのは少々危険かもしれません。

なぜ「2倍の以上の料金となったのか」という状況が分からないからです。同じ部屋の広さでも物量が2倍以上あれば、料金が上がることも十分あり得ることなのです。

しかしながら、業者に対しての率直な書き込みによって悪質な業者が淘汰されるのであれば、とても喜ばしいことでしょう。

以下のようなクチコミは参考になることが多いかもしれません。

  • 処分する食器を作業員が箱詰めしているとき、うっかり割ってしまい、「作業中にお皿を1枚割られてしまった」というクチコミ。
  • 長期間手付かずで、少し汚れた部屋に上がるとき「断りもなく土足で上がり込んできた」というクチコミ。

消極的な内容の口コミは根拠と返信があるかを見よう

お皿を割るという失敗はいいこととは言えませんが、不可抗力の事故だったということもあります。うっかりした事故は、起こした本人も自覚しているはずで、大いに改善できます。

次に断りもなく土足で上がり込んできた」というクチコミは、プロとしての自覚の欠如を的確に指摘したクチコミです。遺品整理の専門業者を名乗っていても、マナー意識が低すぎると言わざるを得ません。

経験を積んでいるにもかかわらず、こうした行動を何度も繰り返していると推察できてしまい、つまり自覚がなく一夜にして改善もないと考えられます。

消極的なクチコミには「改善可能な内容」と「改善が期待出来ない内容」あります。

こうした悪いクチコミを目にしたときには、内容を想像してみてください。

そして、きちんとお詫びや返信が書かれているかどうかも見てみてください。

悪いクチコミに対して、原因と改善策が適切に示されていれば、むしろ信頼できる業者として安心して依頼できるかもしれません。

専門分野や成り立ちを聞いておくことで業者の本音を引き出せることも

業者によって、買取業者が遺品整理を行っている場合や、クリーニング業者が遺品整理を行なっている場合など、さまざまな得意分野がございます。

専門性が高く、手続きが重要となるような相続や不動産に絡んだ遺品整理や、孤独死などの特殊清掃の知見は一朝一夕に獲得できるものではないため、業者の経験が問われるところです。

そのため、ご自身の状況を説明した上で、業者がとくに専門としている分野を見てみると良いでしょう。

提携先などがない状態での「なんでもできます」は結局「何もできない」ということになってしまうことだってあるからです。

私たち横浜ベスト遺品整理社では、このポイントをとくに重要視し、提携する士業さんや不動産業者さんなどに大きな協力をいただきながら、業者間をまたいだチームプレーで片付け作業を行うことを重視しています。

業者を選ぶ上でのイチバンの決め手は質問に対しての解答かもしれません。

自分が質問していることをきちんと説明し、その説明が腑に落ちる業者を選ぶことが重要です。

遺品整理を何度も経験する人が少ないからこそ、わからないことが多いのは当然です。

ですから、質問したい内容が山ほど出てくるかもしれません。

こうした質問をするとき、時折横柄な回答をされている状況を見聞きします。何度も同じような質問をされているから多少横柄になってもしかたないのでしょうか?

決してそんなことはありません。

私たちは遺品整理をご依頼いただく立場で、サービス業の一種です。

そのため、お客様に「わかりにくい」説明をしてはいけないのです。

専門用語は極力なくし、お客様の質問に対して真摯にお伝えし、認識のズレがあれば穏当な方法で解決策をご提案いたします。

しっかりとしたコミュニケーションが、後悔のない安心した遺品整理の実現に不可欠であることも忘れてはいけないのです。

まとめ:妥協なく業者を探してください。

今回は遺品整理のクチコミについてお伝えしてきました。

クチコミは主観で書かれているため、同じ業者の口コミでも180度違う感想ということもあり得ます。

もっとも重要なのは、さまざま情報源から色々な角度で比べてみることです。

少し手間もかかりますが、角度を変えて遺品整理業者を比べてみれば、あなたの期待に応えてくれる業者も、きっと見つかるはずです。

色々な情報に触れながら、妥協なく信頼できる業者を探してみてください。そして、実際に見積もりを依頼するなどして、最終的には根拠のない「直感」を信じるのも重要なことです。

最後に私たち横浜ベスト遺品整理社のクチコミについてです。

Googleマイビジネスでの横浜ベスト遺品整理社のクチコミ

Facebookページでの横浜ベスト遺品整理社のクチコミ

私たちのクチコミ投稿は100%お客様のご判断に委ねております。

それでもしっかりとクチコミを投稿してくださる方がいらっしゃいます。本当にありがたいことです。

丁寧なお手紙を頂戴することもございます。

こうしたご意見はとても励みになります。

スタッフ一同で目を通し大切に保管しております。

今後も少しでもこうした大切なお客様からのご意見をいただけるように、邁進して参ります。

最後までお読みくださいましてありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • Pocket

この記事のカテゴリ

遺品整理

この記事のタグ