Call:0120995185
メールでのお問い合わせ

2015.04.24更新

横浜ベスト遺品整理社をご利用いただきありがとうございます。

先日瀬谷区のH様宅のお片付けをさせていただきました。

H様はお身体が不自由で、ご子息様も遠方にお住まいなため

施設に入ることが決まり、お片付けの御依頼をいただきました。

H様は認知症状が出ているとのことでお片付けもままならず、

ご子息様がご実家に戻られたときにお部屋を見て、このまま独りで

住まわせられないと施設にお願いすることをお決めになられたそうです。

お宅は3LDKの一戸建で、お庭にも大きな物置がございましたが、

1.5日で計8人で作業させていただきました。

終了後、当社に依頼して良かったですとお言葉を頂き、

満足していただけました。

そういったお言葉はとても有難いことです。

ご子息様も独りで全て抱えているので、

少しでもお力になれて良かったです。

ありがとうございました。

 

投稿者: 横浜ベスト遺品整理社

2015.04.18更新

横浜ベスト遺品整理社をご利用いただきましてありがとうございます。

先日、港北区のお客様より供養についてご相談を受けておりました。
その際、お答えする前に
『なぜ、供養をするのか?』
という疑問についてスタッフ共々考えるきっかけが生まれ、
『供養はするものだ』
という常識に囚われていることが分かりました。

今回は遺品整理に携わる者として
『なぜ?』
についてお話しさせていただければと思います。

1.まずそもそも『供養』とは?

日本の民間信仰では故人・祖先に対する追善供養のことを特に供養ということが多く、これから派生して仏教と関係なく故人への対応という意味で広く供養と呼ぶこともある。
また動物等に対する供養、さらには針供養や人形供養のように生き物でない道具等に対する供養もある。

調べたところによるとこのように記載されておりました。

弊社ではご供養となると人形供養や鏡などの道具類の供養を行っております。

定義としては供養=故人様への対応という考え方になるかと思われます。

2.なぜ供養をするのか?

先述では供養は故人様への対応と記載しました。
しかし、供養そのものは仏教ならびに日本でも多く行われている文化です。

神道における考え方としては故人様がお亡くなりになられてから神様より名前を頂き、神様になる、仏教ではお亡くなりになられてから仏様になるという考え方と記載されております。

そのためにお仏壇を用意したりするそうです。

供養とは、故人様が生前の時への感謝する気持ちで行うものである、ということではないでしょうか。

必ずしも供養をしなくてはならない、というルールはございませんが、ご遺族の方々の気持ちを切り替える転換点として、弊社ではご供養をご案内させていただいております。

投稿者: 横浜ベスト遺品整理社

2015.04.13更新

横浜ベスト遺品整理社のご利用ありがとうございます。

当社では遺品整理だけでなく、お仏壇やお位牌の供養も

させていただいております。

不用になってしまったお仏壇をどのように処理すればよいか

わからないと言ったお客様から多数ご連絡をいただいております。

当社では寺院でお焚き上げ供養をし、品々より魂抜きをしてからの

処分をお勧めしております。

他にもお仏壇やお位牌以外にはどのようなものが供養出来るかとの

ご質問も多くなっています。

故人様が生前大切にされていたもの、ご愛用されていたものも

ご供養できます。

実例では、人形、鏡、写真、洋服、お財布、時計、洋服があります。

特に多く出されるのは人形です。

ご住職のお話では目のあるものは魂抜きをしてからの処分が良いとのことです。

もちろんフィギア人形でもぬいぐるみでもお受けしております。

故人様が大切にされていたものには思いが込められているので

供養をお勧めしております。

 

お仏壇やお位牌、その他の品々のご供養、処分はお客様に代わり私共が

行いますので、時間がない方、運ぶのが困難な方でも問題ございません。

ご供養、お引き取りをご検討されている方はフリーダイヤルの方にお電話下さい。

ご質問にお答えいたします。

 

投稿者: 横浜ベスト遺品整理社

2015.04.05更新

横浜ベスト遺品整理社のご利用ありがとうございます。

 

本日は港北区へ生前整理のご依頼を承りました。

お客様はご家族の方とアルバムの整理をされておりました。

私たちは不要になってしまったお品物を、丁寧に梱包して運ばせていただきました。

 

生前整理は、お客様とそのご家族様との絆を再確認できる、と私は心の中で実感しました。

 

近年、孤独死の他にも孤立死なる言葉が耳に入るようになりました。

やはり、このお仕事で最も大切だと感じるのは人との繋がりだ、と実感するのでした。

投稿者: 横浜ベスト遺品整理社