Call:0120995185
メールでのお問い合わせ

2018.03.02更新

終活セミナーとは何のこと?

最近、「終活」という言葉を耳にする方も多いかと思います。
終活とは終末活動の略語でしょうか。とある週刊誌が若者の就職活動の略語である就活をもじって作った造語として広まったといわれています。

ではその終活とは、どのようなことを指すのでしょうか。
人は生まれてきて、そして必ず死に至ります。
その自らの終焉に向けて何らかの活動を自らが行うことを「終活」と呼んでいます。

みどり 

終活には様々な側面があります。
例えば「お墓」のこと。
ご自分が入るお墓は、もうお決まりですか?
先祖代々のお墓に入る方、自分で選んだお寺で眠りにつきたい方、など考え方は様々だと思います。

最近は海への散骨、樹木のもとで眠りにつく樹木葬、果てはロケットに乗って宇宙へ向かう宇宙葬なども注目されています。
また都会ではマンションタイプの墓地やデジタル墓地などお墓も多種多様になってきました。

お墓ひとつとってもこれだけあります。
さらに葬儀の場所、葬儀の方法、財産の相続、遺言書の作成、葬儀の遺影、エンディングノートに関して、生前整理、遺品整理、形見の整理などなど終活で考えることは多岐にわたります。

終活セミナーは、こうしたことを分かりやすく伝えてくれる場所と言えます。
自分では気づかなかったことも、こうしたセミナーで話を聞くことにより認識を新たにできるのではないでしょうか。

終活カウンセラーの資格とは?

終活は個人によって大きく変わってきます。
お墓に対する考え方も違うでしょうし、また財産のあり方も人それぞれです。
終活カウンセラーは、一般社団法人終活カウンセラー協会による認定資格で、そうした個人の状況を考えて適切なアドバイスをしてくれる存在です。

終活カウンセラーに相談できること、聞けること

終活カウンセラーは、終活に関する様々な疑問や相談を受けて、解決に向け努力をしてくれます。

一言に終活といっても人生の終焉に向けて、実は様々な問題があります。
例えばお墓については前記の通り、お墓のスタイルそのものにも様々なタイプがあります。しかし、それだけではありません。宗派の問題や墓石のデザインから費用までまだまだ考えなければならないことがあります。

最近では「墓友」(はかとも)と呼ばれるケースも注目されています。
ご自分の入るお墓を決めるために複数の墓苑を巡るツアーも誕生しています。
そのツアーで墓苑を巡るうちに同行者と親しくなり、その同行者と同じお墓に入ろうと約束し合うような間柄に発展していきます。これが「墓友」です。
樹木の下で眠りにつく公園のような墓苑での「樹木葬」で共同埋葬という形をとります。

こうしたツアーに関する事や共同埋葬などに関しても、どこに何を聞けばいいのか終活カウンセラーはアドバイスをしてくれます。
終活カウンセラーは、いわば橋渡し的な役割を果たしてくれる存在です。
お墓のことだけではありません。

財産の相続
遺言の作成
保険
葬儀
介護
健康関連

こうした各専門分野への橋渡しを行います。
終活に関する疑問や悩みは、個人個人で違います。
時には問題がありすぎて何から手を付けていいのか分からず、混乱してしまうこともあります。
その混乱を解きほぐし、一つひとつどこに相談すれば解決に向かうのかアドバイスをしてくれて、一緒に考えてくれるいわば「終活に関する一括相談窓口」のような役割をしてくれます。

遺品整理士も少し似たところがあります。
ご自身で行う生前整理や老前整理などの相談を一括して受け、時には葬儀や相続など他分野の悩み事も橋渡しを行います。

どう生きるか、どなたもこのことをずっと考えてきたと思います。
今ではどう死ぬか、といことも人生の大きなテーマとして考えられる方も多くなってきました。

人生100年時代。長いのでしょうか、短いのでしょうか。

投稿者: 横浜ベスト遺品整理社