Call:0120995185
メールでのお問い合わせ

2018.02.28更新

生前整理を進めるうえでおすすめの順番は

生前整理は、何からやればいいのでしょうか。ちょっと迷いますよね。
生前整理は主に次の3点について整理をしていきます。
1:財産やローンなどの記録
2:人や団体などの連絡先の記録
3:物品の整理

1の財産関連から整理していきます。
どこにどんな財産やローンがあるのか、ちゃんとひとまとめに記録を残しておくことです。これが分からないと残された遺族は大変です。揉め事に発展してしまうかもしれません。

パソコンやスマートホンなどをお使いの場合は、アカウントやID、パスワードなどの情報もきちんと分かるようにしておきましょう。

次いで、2の連絡先の整理です。
知り合いの方はたくさんいらっしゃるでしょう。その中から、自分の姿が見えなくなって心配する方をピックアップしてみます。

親族や親戚、また町内会などよく顔を出すところや昔からの友人などいれば、そうした連絡先も記録しておくと困ることも減ります。
すでにご自分で墓所などの予定を組んでいる方は、その連絡先も忘れずに記録しておきましょう。

3の物品の整理は、ちょっと時間がかかります。
現在生活している家の中には、ほとんど必要と思われるものを置いてあるはずです。
それを整理、処分していくことになるのです。

たとえば石鹸はどこのご家庭にもあると思います。何個お持ちでしょうか?いただきもので箱から出すどころか包装されたまま棚の奥にありませんか?石鹸はいずれ使えます。多少古くても、処分するのは「もったいない」ですよね。でも、棚の奥にしまったままのものは思い切って処分に回します。

「もったいない」から「捨てる勇気」へ気持ちを切り替えてください。

洋服も本も同じです。
着ていない洋服は、もし1年以上着ていなかったら「もう着ない服」です。
本はもう一度読みますでしょうか。「もう読まない本」です。
食器は何セットありますか。「もう使わない食器」です。

 食器棚

家の中を改めて見直すと、意外と多いのではないでしょうか。
もし、それが無くなったら明日の生活に困りますか?
見つめ直すことで、家の中はかなりスッキリするはずです。
自分の体をダイエットするより家の中のダイエットの方がよほど楽にできますよ。

スムーズに進めるにあたり知っておきたい注意点

物品の整理・処分をする時に、いきなり引き出しの中から引っ張り出して始めないようにしましょう。

なぜ?
引き出しには「罠」が潜んでいるのです。
引っ張り出したものは足元に置くことになります。
自分なりに分別しようとして、何ヶ所かに分けて置き始めます。
次第に足元がいっぱいになって、気が付くと足の踏み場もなくなることに。
これを見ると「やる気」がなくなってしまうのです。

挫折の原因を作る、これが「引き出しの罠」です。侮ってはいけません。

では、どこから始めるか。
その足元からです。「下」から始めます。

床面には何が置いてあるでしょうか。
通常は家具や冷蔵庫などの家電、そしてカーペットや座布団などでしょう。
それ以外のもの、たとえば紙袋や雑誌などが置いてあったら、まずその足元から処分していきます。

足元、床面がスッキリしたら、次は「上」です。
机の上、テーブルの上、タンスの上、など上に置いてあるものに取り掛かります。

下面、上面がスッキリしたら、部屋の中は家具や家電が置かれているだけの状態になります。片付けをやった感が出てきますよ。

最後に「中」に取り掛かります。
引き出しやクローゼット、押し入れの中には見た目以上の物が入っています。

足元に置く前に、つまり手に取ったその1点から判断していきます。

生前整理としておこなう身辺整理の具体的なやり方・方法まとめ

どの段階でも共通する問題点は「仕分けの方法」です。
これが難しいんです。
手に取ったその1点を「使う」「使わない」と判断しなければなりません。まるで裁判です。

要るか要らないか、ではなく「使う」「使わない」で分けます。
無罪か有罪か?時には地獄の裁判官のように冷酷に審判しなければなりません。

どうしても判断がつかないものも出てくるでしょう。
もう一つ「カモ」の箱を作ります。使うカモ、使わないカモ、のカモです。
差し詰め執行猶予といったところでしょうか。

着ない物や使わない物を処分するのは比較的簡単です。
しかし「カモ」の箱に入れたものは少し勇気が必要になります。
どこまで勇気を持てるでしょうか。

大丈夫です。
処分しても、どうしても欲しくなったらまた買います、もっと良いものを。
でもきっと買わないでしょう。もう勇気を持ったのですから。

投稿者: 横浜ベスト遺品整理社

2018.02.18更新

生前整理、老前整理、遺品整理それぞれの目的や内容について

生前整理、老前整理、遺品整理、どれも似ていて区別が付きにくいという印象を持たれるでしょう。
では、おこなう時期が早い順に並べてみます。
老前整理
生前整理
遺品整理
この順番になります。

「遺品整理」は、文字通り亡くなったあとの整理となります。
つまり生活に必要だったものまで全てをお住まいの中から撤去して、家の中を空っぽにすることです。

 空の部屋

そうすることによって、住んでいた土地や建物は次の世代に引き継がれていきます。

「生前整理」は、遺品整理をしやすくするためにやっておいた方がいい生活の中での整理です。
生活していれば、家の中には様々なものがあります。今使っている歯ブラシや布団、洋服、また、いつか使うかもしれない食器などもあるでしょう。

遺品整理をする人のことを考えると、家の中のものが少ないほうが作業も費用の負担も少なくて済みます。つまり、残された遺族のことをまず念頭に置いて進める整理が生前整理の主な目的です。

もちろん不要なものが減って家の中がスッキリすれば、自分にとっても新しい世界が見えてきます。違った楽しみも増えるかもしれません。

「老前整理」は、さらに若いうちから始めます。
老いる前から始めるので、老前整理といいます。老前整理も生前整理も比較的新しい言葉です。

団塊の世代が高齢となり孤立死を含む多死社会を迎えるにあたって、人の一生に関しても新しい考え方が次々と表されてきています。
新しい言葉は、そのものに対する新たな捉え方を提唱するものです。
今後も新しい考え方が生まれてくるでしょう。

たとえば「高齢者」もいつの間にか「後期高齢者」なる捉え方も表されるようになりました。こうしたことも踏まえると高齢者でもなく壮年でもない中間層の50代から60代前半の方も後期壮年者なんて呼ばれることになるかもしれませんね。

老前整理を始めるのは、その前の壮年期、具体的に言うと40代くらいからでしょうか。中にはもっと早くからその意識を持って取り組む方もいらっしゃいます。

これは遺族のためというよりは、むしろ自分の退職後や、高齢となったときのことを念頭に置いて進めていきます。体力や記憶力、判断力も衰える前の充実している時期におこないます。

できるだけ物を持たず、シンプルに生活していく。これによって新たな視点を持ち、自分のやりたいことや、なりたい姿を見つめ直すきっかけとなるものです。

生前整理を進めるうえでのポイントや進め方について

生前整理を進める上で留意しておくべきキーワードは「身軽な生活」です。
そのためのポイントは「モノを減らすこと」。これが大切です。

自分の身の回りを、もう一度見直してみましょう。
タンスの中の衣類はすべて使っていますでしょうか。食器棚の食器類はどうでしょう。布団は何セットお持ちでしょうか。

すべてまだ使えるものでしょうし、使う機会があるかもしれない物のはずです。
これを何とかしなければ、家の中から物は減っていきません。

面倒ですよね。考えるだけでもうんざりしてしまいそうです。
でも誰かがやらなければなりません。
遺族に丸投げするか、自分で納得できるようにやるか、極端に言えばこの2者択一になるのです。
体力も気力も残っている内に少しでも取り掛かったほうが良さそうですよ。

ボールペンは予備も含めて2本あれば十分です。3本目が手元にあったら、まずそれを処分しましょう。それが第1歩になります。

生前整理をしておきたい項目チェックリスト

もしご自分が他界した後の遺品整理となると、家にあるもの全てが整理の対象になります。お金からタオル1枚まで全てです。
まず、このことを念頭に置いて考えてみましょう。

一番問題になるのが資産や負債です。どこに何があるか明確にしておきましょう。

  • 銀行口座と公共料金等の引落し
  • 銀行等の貸金庫
  • ネットバンク
  • 有価証券や金融資産
  • クレジットカードやローン
  • 貴金属や美術品
  • 不動産
  • 各種保険
  • 電子マネーや仮想通貨
  • 各アカウントやID、パスワード
  • レンタル関連
  • インターネット関連や有料サイトの契約
  • ケーブルテレビの契約
  • 各種ポイントカード

まだほかにもあるかもしれません。他界した後にスムーズに解約などの手続きが出来るようにどこかに記録しておきましょう。何も分からなかったら、とても大変な作業になります。

人に関する記録も大切です。大勢の知り合いをすべて書き記すのは大変なこと。
知らせるべき人を分かりやすくしておきましょう。

  • 親族、親戚
  • かかりつけの病院
  • 町内会など

あなたの姿が見えなくなって心配する人はほかにいませんか。

家の中の物品の整理には少しの勇気が必要です。
処分するかどうか、迷うことの連続になるからです。今後詳しく説明していきます。

  • お金に関すること
  • 人に関すること
  • ものに関すること

生前整理はこの3点を中心に考えてみてください。

投稿者: 横浜ベスト遺品整理社

2018.02.17更新

そもそも生前整理とは何歳でも始められるのか?

生前整理とは、自分が生きているうちに自分の財産や所有物を整理することです。
たとえば持ち物を減らせば、自分が他界したあとの遺品整理はグッと楽になり、費用も抑えられるでしょう。遺族の負担が少なくなります。

ではいつから始めればいいのでしょうか。何歳ぐらいが目安になるのでしょう。
日本人の平均寿命は2016年の統計で、女性87.14歳、男性80.98歳と過去最高です。
でも、この少し前から生前整理に取りかかればいいという訳ではありません。

平均寿命の前に健康寿命があります。
健康上の問題で日常生活が制限されること無く生活できる期間、これが健康寿命です。
こちらは概算になりますが、女性74.21歳、男性71.19歳とされています。

でもこの少し前から始めればいい、という訳でもありません。
もっともっと前から始めたほうがいいのです。

生前整理を早く始めるメリット

健康寿命は概算で、しかも平均値です。このくらいの年齢になると何らかの問題が起こっても不思議ではない、という年齢です。もちろん個人差がありますのでもっと以前に問題が発生する可能性もあります。

しかし、実は体の問題だけではありません。
体が衰える前に「気力」が衰えてくるのが一番の問題なのです。

 ランニング

次の項目に心当たりがあれば、少し自覚が必要かもしれません。

  • 掃除や洗濯の回数が減っている
  • 部屋が多少散らかっていても平気になってきた
  • 外出の回数が減ってきた
  • 読もうと思っている本が途中のままになっている
  • 食事が簡素になってきた

いかがでしょうか?
気力が衰えてくると、いろいろ億劫になってしまいます。これは誰でも同じこと。
そうなってからでは全てが遅々として進まなくなってしまいます。
つまり身の回りの片付けも億劫になってきて、生前整理も思うに任せなくなってしまいます。

早めに生前整理に取り掛かるメリットは、ここにあります。

自分だけではありません。
もし親にそうした傾向があれば、何らかの理由をつけてでも早めに整理に取り掛かるのが賢明といえます。

気力があって、記憶もハッキリしているうちに生前整理に取り掛かるのがいいでしょう。

メリットはそれだけではありません。
生前整理を進めていくと、不要なものを次々と処分していくことになります。
処分したものがあったところには、新たな空間ができることになります。

丸々ひと部屋分空いてしまうこともあれば、もっと進むとたったひと部屋で全てが収まってしまうということも。
家の中がスッキリと広くなると、気持ちにゆとりが生まれてきます。
新たな空間で、やりたかったことができるかもしれません。これも大きなメリットです。

生前整理は家族のためだけではありません。
新たに自分を見つめ、自分の新しいライフスタイルを身につける機会にもなるのです。

結局のところ、いつから始めるのが一番いいのか

生前整理は、いつからでも始めることができます。
でも、何かを始めるときには、自分なりにでもキッカケがないと始めづらいものです。

その一つのキッカケは定年退職、還暦、60歳の節目でしょう。
会社勤めの方なら会社生活から開放されて、新たな生活がスタートします。と同時に「老い」という言葉がちらつき始める時期でもあります。
身の回りの物を減らして新たな生活へ向かうキッカケになるでしょう。

もう少し早めのキッカケとしては子育ての区切りがあります。
子育てが一段落したあとは、自分の時間が取りやすくなります。
また、定年後の生き方にも思いを巡らす時期でもあります。多くは50代でしょう。

自分ではまだまだと思っていても「老い」は確実に平等に近づいてきます。
「老い」を自覚し始める前に生前整理を始めるのがベストです。

まだまだ、と思えるのは気力も十分な状態。
その時期に取り掛かれば、新しいライフスタイルが見えてくるのもきっと早いはずです。

部屋の中に多くの物があると、それだけで知らずにストレスも溜まるといわれます。
物が少ないシンプルな生活は、今後の生き方に新たな視点をもたらしてくれることでしょう。

投稿者: 横浜ベスト遺品整理社

2018.02.16更新

生前整理の言葉の意味とは?

生前整理とは、自分が生きているうちに自分の財産や所有しているものを整理することです。

縁起でもないと思う方もいらっしゃるでしょう。しかし期せずして他界ということになれば、今暮らしている住居はどうなるのでしょう。誰かが片付けなければなりません。

亡くなったあとに片付けるのは遺品整理となります。
それを自分が生きている間におこなうのが生前整理なのです。

生前整理をやっておくべき理由とメリット

生前整理は残された家族のため、そしてこれからも人生を歩み続ける自分のためにおこないます。

今、家にあるものは全てを家族、親族が整理、片付けすることになります。
少しでも負担を減らしてあげたいと思うのは自然なこと。
さらに家の中に物が多すぎると、どこに何があるのか分からなくなってしまいます。

せめても、と思って残した財産はどこにあるのでしょうか。誰も知りません。
預金通帳と印鑑はどこにあるのでしょうか。誰も知りません。
保険証書はどこにあるのでしょうか。誰も知りません。
貴金属類はどこにあるのでしょうか。誰も知りません。
貸し金庫の鍵はどこにあるのでしょうか。誰も知りません。

あなたはこうならない自信がありますか?
生前整理はこうした財産を明確にしておくいい機会でもあるのです。

もし財産類が何も分からなければ、今まで仲の良かった家族親族の間に亀裂が入ってしまうかもしれません。自分のせいでそんなことが起こってしまうのは避けたいものです。

数千万、数億円の話ではありません。わずか数十万円でもトラブルの引き金になります。
自分はそんなに無いから、とは思わずに気を使ってください。
これは残された家族のために大切なことです。

生前整理は財産だけではありません。
身の回りの品々を整理することは、新たな気持で生活を送っていくきっかけにもなります。

最近、片付けをしていますか?
引っ越しなどが無ければ中々片付けに手が回らないでしょう。長年の暮らしの中で溜まっていくのはホコリだけではありません。手付かずのいただきものや記念品、以前着ていたお気に入りの洋服など、捨てるに捨てられず残ってしまいます。

昭和生まれの方は男性女性に限らず「もったいない」精神が旺盛です。もののない時代を経験している方は「ものがない」怖さをよく知り、ゆえにその不安を感じるものです。
生活している家に中に物がたくさんあるのは仕方のないことですが、少しずつでも減らしていくと気持ちも変化していきます。

タンスを開けて全く着ていない服を手に取った時、その服を着て出かけたシーンを思い出しますでしょうか。
思い出せればそれだけで幸運です。その思い出だけは胸にしまうことができます。

 たんす

一つひとつ手に取ることによって思い出を再確認することができるのも、自分でおこなう生前整理のいいところです。

もし亡くなったあとの遺品整理なら、その思い出は二度と思い出されることはないでしょう。その服を着ていたシーンの感動は、あなたに蘇ることは無かったはずです。

大切に処分するとはこういうことです。
生前の元気なうちに整理を進めると、望外の感動を得られるかもしれません。

生前に整理しておきたい項目リスト

生前に整理しておきたい項目はたくさんあります。
大きく分けると「人」「もの」「おカネ」に関することです。

「人」は現在関わっている人、たとえば趣味のクラブなどに所属していれば、なにかあった場合、そこにも連絡しなくてはなりません。病院なども同様です。
過去にお世話になった方も含めて連絡先を記録しておきましょう。

「もの」は主に家にあるものの整理です。
1年以上着ていない服や使っていないものは、思い出だけを仕舞って処分します。

「おカネ」に関することが一番大変です。なにかと問題のタネになってしまうからです。

  • 預貯金の銀行口座
  • 引落しの銀行口座
  • クレジットカード、ローンの管理
  • 不動産等の管理
  • 電気、ガス、水道の契約
  • 保険関連の契約
  • ケーブルテレビの契約
  • インターネットの契約
  • 有料サイトの契約
  • 有価証券金融資産類の管理
  • 貸金庫の有無
  • 貴金属、書画骨董美術品の管理
  • ネットバンクの口座
  • 電子マネーの有無
  • 仮想通貨の有無
  • 各アカウント、ID、パスワードの管理
  • レンタル物の有無
  • 各種ポイントカードの有無

などなど、場合によってはまだ他にもあるでしょう。
これらを何らかの形にして分かるように整理しておくことが大切です。
エンディングノートなどの活用もいいでしょう。

もし分からないことがあったら、遺品整理士に相談すれば生前整理に関しても役に立つアドバイスが得られるはずです。
まず一つから始めれば、それだけでも気持ちがスッキリしてきますよ。

投稿者: 横浜ベスト遺品整理社