Call:0120995185
メールでのお問い合わせ

2018.01.11更新

遺品整理をいつやるかは関連する行事によって異なる

遺品整理は、いつやれば良いのでしょうか?
これは関連する行事によって異なる場合があります。

その行事とは、49日の法要です。

仏教では49日のあいだ、亡くなった方はこの世とあの世の間を彷徨うとされ、49日後にどこへ行くかの裁きがあって、来世に生まれ変わる世界が決まるとされています。
そのため、この世を去った49日を過ぎてから遺品を整理した方が良い、という考え方がある訳です。

ただし、遺品整理を始める時期は、地域や宗派によって変わってきます。
地域によっては49日前に行う、とされていたり、49日の前日に行うとされることもあります。
また浄土真宗では、そもそも人は亡くなると即浄土に往生するとされているため、裁きの日はありません。

つまり、遺品整理の正しい時期は、実は特に決められていないのです。

もし気になるようでしたら宗派のお寺などに伺うのがいいでしょう。
ちなみに、49日とは亡くなった日を一日目として49日後のことです。

ただ、49日の法要などで遠く離れた家族や親せきが集まりやすいために、ある程度は遺品を整理するべき目安となっている訳です。

遺品の中に、相続に関わるものがある場合、親族などの承諾を得ないで行うと、様々な問題が発生してしまいます。

まず相続すべきものをハッキリさせることが重要です。
そのほかに、形見分けなどに何を残し、さらに何を再利用して、何を処分するかを親族の承諾を得ながら進めなければなりません。これはかなり大変ですよ。

故人の住んでいた家には、生活していた証である様々な物があります。
土地や建物に関する書類や通帳、宝石などの貴重品は、すぐに見つかるでしょうか?
私たち遺品整理士の経験では、クローゼットの奥など分かりづらい場所から発見されることも多々あります。

つまり、家族、親族が一日だけ集まって探しても、遺品整理を全て行うのは難しいのが現実なのです。

実際の場面を考えながら、順を追っていきます。
家族が亡くなります。もちろん、すぐに葬儀や告別式となります。

まずこのタイミングが、家族や親族が集まれる最初の時でしょう。
そこで、大まかなことを決めなければなりません。
葬儀、告別式、納骨など忙しい中ですが、多くが集まれるタイミングを考えると、この場である程度は決めたいものです。

ここで決めるのは、家族の誰かが代表して、相続的な価値のあるものや形見分けに適したものなどを探す、ということです。
その際に、何を残しておきたいかを、家族や親族にキチンと聞いておかなければなりません。

細かい物でも勝手に処分してしまうと、トラブルの元になってしまいます。
慎重に聞きましょう。

こうした段取りをもって、次に集まれる機会、例えば49日などの機会までに財産的価値のあるものや形見分けに適したものなどを選別しておけば、スムーズに残りの遺品整理もできるはずです。

遺品整理を急ぐべきタイミングとは

遺品整理には、急がなければならないケースもあります。
故人がマンションやアパートなど賃貸住宅に住んでいた場合です。
遺品整理が長引くと、新たな家賃が発生したり、契約更新日が迫っている場合もあります。

何はともあれ、全てを部屋の外に運び出さなければなりません。
貴重品を探し出すにも日にちが迫っていて、ままならないこともあります。

時間や人手が足りない時には、やはり遺品整理士に相談するのが早道でしょう。
残しておきたい物や供養する物、形見分けの品、処分するものなどを相談すれば、
期日までには間に合うはずです。

 

遺品整理を急がなくてもいいタイミング、いつ頃やるか

故人の住居が持家の場合は、退去などの期日もないため、そこまで急ぐ必要はありません。
とはいえ、そのまま半年も一年も放っておく訳にもいかないでしょう。
家の中には当然食料品なども残っているので、出来るだけ早めに全てを片づける必要があるのです。

葬儀や告別式、納骨、また保険や年金などの各種手続きを済ませることを考えても2~3週間は、あっという間に過ぎてしまいます。

遺品整理は、いつやらなければならない、という決まりはありません。
49日を待たずとも、全く問題はないのです。

各種手続きが終わって、相続などが決まったら、なるべく早めに遺品整理を行うことをおススメします。

持家の場合も、売却する場合は家の中の物を全て撤去するのが基本です。
引越しと違って処分品も多数あるはずですので、もしお困りの場合は遺品整理士に相談するのがいいでしょう。

遺品整理の機会は、多くは突然訪れます。
心構えだけでもあれば、少しは違うはずです。
その時には、心にゆとりを持って事にあたれるようにしたいですね。

 

投稿者: 横浜ベスト遺品整理社